2008年12月31日

EXILE15冠!3度目レコ大「TI AMO」で初の大賞(スポーツ報知)-YAHOO!ニュース

EXILE15冠!3度目レコ大「TI AMO」で初の大賞(スポーツ報知)-YAHOO!ニュース

◆第50回日本レコード大賞(30日、東京・新国立劇場) 第50回日本レコード大賞(日本作曲家協会主催)の授賞式が30日、東京・初台の新国立劇場で行われ、7人組グループのEXILE(エグザイル)が「Ti Amo」で大賞に輝いた。黒ハート

一昨年に特別賞、昨年は最優秀歌唱賞を受賞しているが、大賞は初めて。

最優秀新人賞は黒人演歌歌手のジェロ。るんるん

ともに1回目の投票で過半数を超えての受賞となった。 

受賞曲「Ti Amo」を歌い終えると、ATSUSHI(28)とTAKAHIRO(24)、2人のボーカルがステージ上でガッチリと握手。ハートたち(複数ハート)

その直後、2人の目が涙で潤んだ。

圧巻の15冠締め。

レコ大受賞で、自ら宣言した「パーフェクト・イヤー」を結果で証明した。 

msc0812302303005-p9.jpg

今年は3枚のベストアルバムを発売し、初のドームツアーを敢行。

近い関係者さえも「EXILEのライブチケットだけは頼まれてもとれない」と嘆くほどの人気。

歌手活動以外でも、雑誌「月刊EXILE」を創刊するなど様々な企画に挑むなど、自らにプレッシャーをかけ、有言実行してきた。グッド(上向き矢印) 
レコ大では、一昨年に倖田來未とのコラボレーション曲「WON’T BE LONG」で特別賞。

昨年は最優秀歌唱賞。

最後に残った大賞をついに獲得した。

メンバーをけん引し続けたリーダーのHIRO(39)は「本当に光栄ですごくうれしい。
初心を忘れず頑張っていきたい」。

ATSUSHIも「小さいころから見ていて、(受賞を)夢に見ていた」と喜びいっぱい。

最後には「1年間、応援し続けて下さって、みなさんありがとうございます」とあいさつ。

頂点を極めても、謙虚な気持ちは忘れなかった。ダッシュ(走り出すさま) 

華やかなダンスの裏に、数知れずの苦労を経験してきた。

デビュー前は生活に困窮し、みそ汁を水で薄め分け合って飲んだことも。

01年9月のデビュー後は、着実にステップアップしてきたが、06年にボーカルSHUN(清木場俊介)が脱退。

TAKAHIROを新ボーカルに迎えて再出発するなど冒険は続いた。

それだけに、以前から苦労を知るエイベックスの松浦勝人社長も駆けつけ、メンバーをねぎらった。 

受賞曲の「Ti Amo」はイタリア語で「愛してる」。

メンバーからファンへの“愛”が活躍の原動力。

それが続く限り、パーフェクトな活躍は終わらない。 

◆EXILE(エグザイル)99年にHIROを中心に結成されたダンスユニットを軸に、ボーカルATSUSHIとSHUNを加え01年「Your eyes only〜曖昧なぼくの輪郭〜」でデビュー。

06年3月にSHUNがソロ活動のため脱退、同年AKIRAと新ボーカルTAKAHIROが加わり現在の7人に。

07年度の日本ゴールドディスク大賞で「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」受賞。 

【関連記事】
レコード大賞はEXILEが初受賞
レコ大司会は堺正章と上戸彩、松下奈緒…30日放送
Wink一夜限りの復活…レコ大50回記念で「淋しい熱帯魚」
斉藤の歌詞に感動、キタの串揚げ店もおつかれさまの国
日本レコード大賞 新国立劇場 初台 を調べる

EXILE15冠!3度目レコ大「TI AMO」で初の大賞(スポーツ報知)-YAHOO!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081231-00000020-sph-ent

posted by toko39 at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽しいYahoo!ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。