2008年12月13日

CO2削減、リサイクル…Xマス彩る“地球に優しい光”(読売新聞)-YAHOO!ニュース

CO2削減、リサイクル…Xマス彩る“地球に優しい光”(読売新聞)-YAHOO!ニュースバースデー

街角にクリスマスのイルミネーションがきらめき始めた。

今年のキーワードは環境にも家計にも配慮した〈エコ〉。

自然エネルギーや消費電力の少ない発光ダイオード(LED)を活用したツリーが主流となり、家庭用では、モミの木のリサイクルも登場した。クリスマス

Xマス彩る“地球に優しい光”

世界不況で、リストラの寒風にさらされる2008年師走。

今年はぬくもりのある暖色系の輝きが人気」だという。ハートたち(複数ハート) 

◆グリーン電力◆ 

大阪市阿倍野区の商業施設「Hoop」の玄関を彩る約40万個の電球は、経済産業省の外郭団体・グリーンエネルギー認証センターお墨付きの「グリーン電力」を活用している。るんるん 

同電力は、通常の電気料金以外に、1キロ・ワット・アワーにつき10円を支払う仕組み。

料金の上乗せ分は自然エネルギーを使った発電施設の建設・維持に使われ、二酸化炭素を削減することに貢献したとみなされる。 

イルミネーション期間中(10月18日〜1月7日)、同施設では約7万5000キロ・ワット・アワーの電力を使用。

施設を運営する近鉄百貨店の担当者は「楽しみながら環境問題を考えるきっかけにしてほしい」と話す。 

今年は「Hoop」を含め全国約40か所でグリーン電力のイルミネーションが輝く。

同市浪速区の通天閣も19〜25日、グリーン電力で緑色に照らし出される。 

◆白熱球色◆ 

神戸市中央区の神戸ハーバーランドキャナルガーデン。

巨大ツリー(高さ21・5メートル)の色とりどりのLED約4万球が、点滅パターンを変えながら輝く。クリスマス 

LEDはここ数年、クールな青色がもてはやされたが、今年は白熱球色が目立つようになった。ぴかぴか(新しい)

同ガーデンでも、ツリーの周辺のイルミネーションで白熱球色を増やした。

運営会社の担当者は「景気が冷え込んでいるので、冷たい色より温かい色がいい」と語る。 

LEDは約5年前から大量生産が始まり、急速に普及。

価格は当時の3分の1以下になっている。

武蔵工業大の小林茂雄准教授(建築学)は「消費電力は白熱球の約3分の1で環境に優しい」と言う。 

◆バイオ燃料◆ 

大阪市大正区の大型家具店「IKEA鶴浜」では、クリスマスツリー用に1990円で販売したモミの木を、年明けに同額のクーポン券と引き換えるリサイクルサービスを行っている。クリスマス 

店が引き取ったモミの木は、堺市にある廃木材を利用したバイオエタノール製造施設に持ち込むなどして、バイオ燃料に加工される。 

イケア・ジャパンのPR担当者は「生木のツリーを扱うことで、森林や環境、リサイクルについて考えていきたい」と話している。

CO2削減、リサイクル…Xマス彩る“地球に優しい光”(読売新聞)-YAHOO!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081213-00000036-yom-soci

posted by toko39 at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽しいYahoo!ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。